ストラテラの効果と副作用について

ストラテラはADHDにどれくらい効果があるのでしょうか?気になる副作用とは? - ストラテラの効果と副作用について

更新情報

ストラテラの効果と副作用について

ADHDの薬物療法として使用される薬の一つとしてストラテラがあります。ADHDというのは脳に原因がある病気ですので、それを一時的に改善するという目的で薬物療法が取られるのと同様に、行動面を少しずつ是正するという目的で行動療法が取られます。薬物療法の代表的な薬であるストラテラの効果と副作用について詳しく説明していきます。

ストラテラは医師から処方してもらう薬

医師

薬物治療として使用されている薬であるストラテラはかぜ薬のように薬局やドラッグストアから購入することはできないようになっています。それはなぜかというと、注意して服用をしないといけないからです。副作用の可能性も当然ありますので、医師や薬剤師による服薬治療が欠かせません。何かあった時であってもすぐに医師にかかるということを守るべきです。
ストラテラは2003年にアメリカで販売開始されて、世界中で使用されている薬です。日本では2009年に入ってやっと18歳未満の子供に対して承認され、2012年にはそれ以上の成人に対しても承認がされていますので、今となってはADHDの治療薬としてメジャーなものになっています。ただし、6歳未満の子供に関しては未だに安全性が確認できないために、使用をすることができないと言ってもいいでしょう。

ノルアドレナリンを活性化することで効果を出している

ストラテラはADHD患者の不注意症状や多動性症状、衝動性症状のいずれにも改善効果があると言ってもいいでしょう。なぜ改善できるのかというと、脳の前頭前野にあるノルアドレナリンを薬によって活発化させているからです。ADHDの人は前頭前野の部分に何らかの不具合があるという風に言われていますので、それをストラテラによって補っているわけです。
ただ注意をしないといけないのが、ストラテラの効果というのが薬が効いている時間に過ぎないということです。これは前頭前野の部分の不具合を修復するというような薬ではなく、一時的に不具合を対処してくれる薬にすぎないということです。もしかすると、小さい時から飲んでいるのであれば、ずっと薬を飲み続けなければいけないという可能性があります。
ただし、ストラテラは中枢神経を刺激する薬ではないので、ドーパミンを増やす効果があったとしても、依存性はありません。依存性が無いということは薬に頼らなくてもいいということが言えます。行動療法で目途が経ったということであれば、薬を止めるという判断が容易に可能になります。

重大な副作用が起きることは少ない

見守る医師

ストラテラは重大な副作用が起こるということは少ないです。ただし、肝機能障害やアナフィラキシーと言った重大な副作用が無いとは限りませんので、こういう症状が見られた場合には薬の服用をやめてすぐに病院にかかってください。
その他にどういう症状が見られるのかというと、頭痛や食欲減退、悪心、傾眠、腹痛などが起きています。こういう軽いものは最初の頃に起きがちなのですが、いつまで経ってもこういう症状が起きるということであれば、やはり病院にかかることをお勧めします。その他でも気になることがありましたら、医師に相談をしてみてください。

効果と副作用について知る

ADHDの人は脳に何らかの問題がありますので、それを補うという目的でストラテラを服用しています。この薬はノルアドレナリンを活性化することで、一時的に脳の機能を補っています。実際の効果と副作用について知っておいたほうがいいです。

成人のストラテラ用量について【http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/strattera.html】

アーカイブ