ストラテラの効果と副作用について

ストラテラはADHDにどれくらい効果があるのでしょうか?気になる副作用とは? - ストラテラだけではなかなか改善されないのはなぜか?

ストラテラだけではなかなか改善されないのはなぜか?

ADHDの治療のためにストラテラを使った服薬治療が行われます。しかし、薬だけで完治をするというのはできないと言ってもいいです。それならば、どうして薬を使用する必要があるのか疑問に感じるかもしれませんので、今回はそういうことについて解説いたします。

薬は完治を目的とするものではない

ADHDで投与される薬というのは一時的に症状を改善するために使用されるわけです。一時的ですので、これを使って完治をするということは考えにくいです。そうであれば、薬を使うメインの目的というのは別の所にあって、それは生活環境を整えるといったことにあるからです。
一般的には服薬治療を行うと同時に行動療法や環境療法も行っていますので、薬だけに頼らずに、どうやって社会生活を営んでいくのかを学んでいます。そういうことを行うことによって、社会に出た時に困らないでも済むようになります。

周りの人の協力が必要不可欠

ADHDの人たちというのはストラテラを飲めば一時的には症状が和らぐわけですが、薬の効き目が切れればまた同じようになるわけです。本人がいくら努力しようとしても脳内の問題にために、なかなか改善を図ることができないです。
そういう時に周りの協力が得られないと、結果的にそういう人たちを排除することになってきます。それではいけないので、もしADHDの人たちが学校や職場にいるのであれば、周りの人たちがサポートしていくということが重要になってきます。

環境を整えてあげることも大切

治療のためにいくらストラテラが使えるとはいっても、一時的な改善に過ぎませんので、こういう人たちでも社会でうまくやっていくためには、受け入れるための環境を作ってあげるということが大切です。

関連する記事

アーカイブ