ストラテラの効果と副作用について

ストラテラはADHDにどれくらい効果があるのでしょうか?気になる副作用とは? - ストラテラは一生飲み続けないといけないのか?

ストラテラは一生飲み続けないといけないのか?

ADHD患者からよく聞かれる質問の一つとして、ストラテラは一生飲みつづけなければいけないのかということです。実際に薬物治療を行う前に聞きたい内容の一つではないでしょうか。子供の時から使用しているということであれば死ぬまでずっと服用しないといけないわけですので、不安になる気持ちも分からないわけではないでしょう。

あくまで対処療法に過ぎない

ストラテラは飲み続ければ薬が要らなくなるくらいに回復するための薬なのかというと、そういうものではないです。ADHDの症状が改善されるのは薬が効いている時だけで、効き目が無くなったらまた元の通りになります。結局のところ、ストラテラやコンサータのようなADHDに効果がある薬というのは、対処療法に過ぎないということは頭に入れておいたほうがいいです。

薬を止めることはできる

ストラテラという薬はあくまで対処療法に過ぎないですので、薬を飲まなくなったら再び症状がぶり返すということにもなりかねません。一生薬の力を借りたうえで社会に出るという選択肢も全然あり得る選択の一つではないでしょうか。
実際に精神科にて治療を行う際には薬物療法と共に行動療法を行います。行動療法を通じてどのように行動をしていけば社会生活を送ることができるのかを学びます。薬を飲まなくても周りのサポートや行動療法などで何とかできるのであれば、薬を飲まないという選択は可能です。

薬を止めるかどうかは医師と話し合う必要がある

ストラテラはADHDを完治するものではなく、効いている間しか効果が無い薬なのです。そのため、一生この薬と付き合うという必要が出てきますが、薬を止めるかどうかというのは精神科医としっかりと話し合ったほうがいいです。

関連する記事

アーカイブ