ストラテラの効果と副作用について

ストラテラはADHDにどれくらい効果があるのでしょうか?気になる副作用とは? - ストラテラを万が一飲み忘れた時はどうすればいいのか?

ストラテラを万が一飲み忘れた時はどうすればいいのか?

ADHDの人がきちんとストラテラを飲むというのはとても難しいことが分かります。一般の人であればよっぽどのことが無ければ薬を飲み忘れるということは少ないのかもしれませんが、ADHDの人は薬を飲み忘れるというリスクがあります。薬を飲み忘れてはいけないということと共に、飲み忘れないための工夫も必要になります。万が一飲み忘れた時の対処法についても知っておきましょう。

飲み忘れると周りの人に迷惑がかかることを理解する

ADHDの人が社会生活を営むためにはどうしてもストラテラの力を借りる必要が出てきます。いわば、ストラテラを飲み忘れてはいけないということです。一回でも飲み忘れた場合には、通常とは違うということを学ぶことになりますし、職場の人たちにも心配をかけるということにもなりかねません。
何といっても薬を飲み忘れないということがとても大切です。薬を飲み忘れるということであれば、どのようにしたらそういうことが起こらないのかということを、行動療法で学んでいただくのがいいでしょう。

飲み忘れた時は早く1回分飲む

いつも飲んでいるタイミングで万が一飲み忘れた場合には、それに気づいたときに約1回分を服用するようにしてください。次飲む時間がすごく近かった時などであっても1回分のみを飲むようにしましょう。忘れた分はどこかで取り返さなければいけないという風に思うかもしれませんが、忘れたからと言って次のタイミングで2回分飲むというのは絶対にやめてください。

飲み忘れた時にその分を取り戻そうとはしない

学校や職場に行く時にストラテラを飲み忘れないのが理想なのですが、そういう事態が起こったならばなるべく早く1回分を飲んでください。2回分を一気に服用するということは体の負担がかかるのでやめておきましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

アーカイブ